2016年04月12日

3がつ11にちをわすれない展2016

2年ぶりとなる歌舞伎町二丁目稲荷鬼王神社での「3がつ11にちをわすれない展」、神社の「鎮花祭」と同時開催で行います。
今回はコミュニティアート・ふなばしのプロデュースで、稲荷鬼王神社とも縁の深い現代アーティスト門脇篤が、震災発災後、出張先の滋賀県栗東市から地元宮城県仙台市までさまざまな手段で帰り着いたドキュメントを縦1.5m、横5の大きな絵巻物にして境内に展示します。
ぜひご高覧ください。

********

鎮花祭〜復活の祭〜
同時開催:3がつ11にちをわすれない展2016
会期:平成28年4月18日(月)〜ゴールデンウィークあけ(会期延長になりました)
会場:稲荷鬼王神社

フライヤーダウンロード
3がつ11にちをわすれない展.pdf

スクリーンショット 2016-04-12 20.30.11.png

スクリーンショット 2016-04-12 20.30.24.png


3がつ11にちをわすれないということ

 私、門脇篤は仙台在住の現代アーティストです。
 震災が起きた折には滋賀県栗東市にある芸術ホールでワークショップの最中でした。さまざまな方のご協力を得て、3月14日朝9時過ぎ、仙台の自宅にたどり着くことができました。自宅は内陸にあるため、津波の被害もなく、家族一同無事でした。
 今回、新宿・歌舞伎町二丁目にある稲荷鬼王神社さまからのご依頼により、2011年3月10日から14日までのその顛末を一枚の絵巻物にしてみました。道中につぶやいたツイッターのツイートをほぼ5年ぶりに読み直し、これをもとに当時を思い出しながら時系列で何があったかをまとめました。番号を追って読んでいただくと、滋賀から仙台までの私の足取りを追体験していただけるようになっています。
 一方、地図上にはこの5日間のみならず、震災をはさんで10年間、各地で行ってきたコミュニティアートの取り組みを盛り込みました。その多くは今回の展示をコーディネートしているコミュニティアート・ふなばしの下山浩一さんとともに積み上げてきたものであり、特に東北でのそれは、今現在も継続してつづけられているものを多く含んでいます。
 なんとかたどり着いた仙台のまちは、食料やガソリンなどの深刻な物資不足下にはありましたが、みなが通りを話しながら歩き、買い物をし、知らない人とも当然のようにあいさつを交わし、情報交換を行い、誰かに親切にしたり、ひとを気遣ったりする喜びにあふれていました。
 「震災を忘れない」というのは、我々が常に災害の危険にさらされていることを忘れてはいけないというだけでなく、我々がどれだけひとにやさしくできる存在であるかということ、どれほど絶望的な状況であろうと我々はそこに希望を見出せる存在であるということ、そうしたことを忘れないこと、大切に伝えていくということではないでしょうか。
 このような場を与えてくださった稲荷鬼王神社の大久保宮司とコミュニティアート・ふなばし下山浩一理事長に感謝するとともに、これからも「あの日」を体験したものとして、そのことを伝えていく気持ちを新たにしたしだいです。
posted by kabukicho2020 at 20:38| Comment(0) | 仮設住宅からの手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。