2013年02月28日

3がつ11にちをわすれない展2013 仮設住宅からの手紙

kira89.jpg
  

歌舞伎町2020
3がつ11日をわすれない展 2013
仮設住宅からの手紙

日 時: 平成25年3月1日(金)〜17日(日)

会 場: ホテル白川郷・1階喫茶室
     東京都新宿区歌舞伎町2-29-11 TEL 03-3200-5255

アクセス:JR線(山手線・中央線) 新宿駅 東口より徒歩10分
     西武新宿線 西武新宿駅 北口より徒歩3分
     地下鉄都営大江戸線 東新宿駅より5分

趣 旨:
2011年3月11日の東日本大震災から3年目になります。
痛ましい出来事の数々は、決して風化するものではありません。
同時に、この災害に立会い、復興に尽力する人々の姿は、私たちに、本当に大切にしたいたくさんのものを教えてくれました。
展覧会の会場である、ホテル白川郷は、都会の喧騒の中にありながら、昔ながらの“旅籠(はたご)”のホスピタリティを提供する稀有なホテルで、震災復興に奔走する人々の東京の定宿として知られた存在です。
歌舞伎町に存在する、遠くて近い被災地に思いを寄せる、祈りと癒しの場に、ぜひお運びください。


内 容:

【展示】
コミュニティアート・ふなばし下山浩一理事長と仙台在住のアーティスト・門脇篤氏による、あすと長町仮設住宅におけるコミュニティ支援活動「おしるこカフェ」を通して見えてきた震災後の社会についての企画展示。

【イベント】
「おしるこカフェ」in歌舞伎町 3月9日(土)13時〜15時
仙台・あすと長町仮設住宅で始まった、コミュニティ支援のためのサロン「おしるこカフェ」が、昨年8月に続き、歌舞伎町に出張!
手作りのおしるこに舌鼓を打ち、震災後のコミュニティについて、みんなで語りましょう。
出演:門脇篤(現代アーティスト)ほか。

■本企画は、「39アートの日」に参加しております。

主 催:特定非営利活動法人コミュニティアート・ふなばし
協 力:ホテル白川郷 稲荷鬼王神社
posted by kabukicho2020 at 09:32| Comment(0) | 仮設住宅からの手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。