2010年10月11日

滞在3日目:新たな展開の予感を中継


30年前に創刊され、3年の間、新宿にスポットを当てて出版されていた「たあみなる新宿」。これを展示紹介するにあたり、どのように現在との関わりを提示していくことができるのか。
コミュニティアート・ふなばし下山理事長とともに連日、歌舞伎町にまさに体当たりで挑みながら出始めたひとつのアイデアを、眠い目をこすりながら報告します。

門脇篤
posted by kabukicho2020 at 14:40| Comment(0) | たあみなる2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。