2013年10月20日

新宿プレイマップ本間編集長来社


image-20131021133542.png
「タウン誌」という言葉もない1969年、その後伝説のタウン誌と呼ばれることになる「新宿プレイマップ」を現代に蘇らせたらどうなるか、をコンセプトに10/15から新宿歌舞伎町二丁目稲荷鬼王神社で開催してきた「新宿プレイマップ2013展」。最終日になんと当日の「新宿プレイマップ」編集長本間健彦氏その人が訪れました!
プレイマップについては氏が今年出版された「新宿1960年代アナザーストーリー」を読んでいただくとして、その後の本間編集長はやはり「街から」なる「タウン誌」を発行され、なんとつい先日20周年を迎えられたそうです。
鬼王神社はじめホテル白川郷など我々がコミュニティアートプロジェクト「歌舞伎町2020」のフィールドとして「発見」した場所そして人をご紹介しながら、結局四時間以上にわたってさまざまな意見交換させていただきました。
本間さんいわく、プレイマップから変わらずに追い続けているのが「自分たちのジャーナリズムをつくりたい」ということ。まちでアートをする我々との姿勢と非常に類似点が多く、しかもそれを40年以上に渡って淡々とつづけらてているということに感動を禁じ得ませんでした。
「街から」は当初北区を拠点にしていたものの、現在は特定のまちを想定しない「タウン誌」の可能性に挑んでいるあたりには、我々の進む先を照らす光を見るようです。
歌舞伎町でのコミュニティアートプロジェクト「歌舞伎町2020」、ますます面白くなってきました!

image-20131021135457.png

image-20131021135513.png

image-20131021135813.png

image-20131021135535.png

image-20131021135549.png
posted by kabukicho2020 at 23:53| Comment(0) | プレイマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。