2012年08月17日

ホテル白川郷の朝食

IMG_3308[1].JPG
今回の「フェスティバルFUKUSHIMA! in 歌舞伎町」のメイン会場となる歌舞伎町二丁目「ホテル白川郷」さんは、先代の社長が荘川村がダムの底に沈むことになり、合掌造りの家屋をこの地に持ち込んで割烹を始めたのが創業。その後、割烹はやめ、建物も近代的なものになり、宿として生まれ変わったわけですが、いまだにそのもてなしは「都会の旅籠」として受け継がれています。その最たるものがこの食べた人は必ずはまる朝食です。
ぜひ一度試してみてください。

posted by kabukicho2020 at 09:46| Comment(0) | フェスティバルFUKUSHIMA! in 歌舞伎町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8/25おしるこトークゲストに渡部義弘氏

明日から始まる「フェスティバルFUKUSHIMA! in 歌舞伎町」ですが、25日(土)の15〜17時に開催される期間中イベント「おしるこトーク」に、現在各地で話題を呼んでいる相馬高校放送局「今 伝えたいこと(仮)」の渡部義弘氏をお招きします。舞台の話や福島の現状などをお聞きし、震災後のコミュニティについて考えていきたいと思います。

会場:ホテル白川郷 ロビー(東京都新宿区歌舞伎町2-29-11)
入場・参加無料
問合せ:NPO法人コミュニティアート・ふなばし 090-9101-1974 

当日は10時より仙台のあすと長町仮設住宅で毎月一回行っている「おしるこカフェ」を同会場で行います。
ぜひお越しください。

■相馬高校放送局「今 伝えたいこと(仮)」関連リンク
J−one http://www.j-one21.jp/information/902.html


posted by kabukicho2020 at 09:40| Comment(0) | フェスティバルFUKUSHIMA! in 歌舞伎町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

深夜の準備風景

18日から始まる「フェスティバルFUKUSHIA! in 歌舞伎町」のためのインスタレーションをつくっています。

歌舞伎町二丁目にある「ホテル白川郷」入り口横のガラス面に設置するもので、震災で倒れた宮城の生木を千年の歴史を持つ福島・上川崎の和紙(こちら)に漉き込んだもの(こちら)を福島のかたちに切り抜き、そこにできた「福島の窓」からながめるというもの。
外からも内からもながめることができます。
posted by kabukicho2020 at 05:25| Comment(0) | フェスティバルFUKUSHIMA! in 歌舞伎町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。