2016年04月19日

「3がつ11にちをわすれない展2016」、始まりました

12990883_1171457582865411_5173721216689710847_n.jpg
13007095_1171457592865410_8871154672768795648_n.jpg
13015351_1171457819532054_614920999672322020_n.jpg
13043430_1171457599532076_2959586846163547564_n.jpg
12985349_1171457899532046_6112676471167255147_n.jpg
13012844_1171457616198741_7312464025380529785_n.jpg
13001096_1171457902865379_6797379274712964227_n.jpg
13012765_1171457939532042_2065202168731872700_n.jpg

歌舞伎町二丁目にある稲荷鬼王神社さんでの展示が始まりました。会期を延長し、ゴールデンウィークあけまで展示されています。
区役所通りに面した鳥居の横には、イラストで震災前後の10年間が表されています。境内に入り、お宮の脇には、2011年3月10日〜14日まで、滋賀に出張していた私が仙台へ電車と自転車とでたどりつくまでをテキスト入りで図示しました。

13012844_1171027869575049_2301889325304587746_n.jpg
12993551_1171339379543898_7997605281936823043_n.jpg

4/18の初日に展示を見にうかがいました。
設置作業は前日、コミュニティアート・ふなばしの下山浩一さんと美大生のののかちゃんがやってくれていました。長野県小布施町での企画が終わって新宿に着いたのはもう設置が終わった後。その日は旅籠のおもてなし「ホテル白川郷」さんに一泊し、翌朝はもちろん美味しい朝食をいただきました。
白川郷の支配人小坂さんや稲荷鬼王神社の大久保宮司にも久しぶりにお会いできてとてもよかったです。
posted by kabukicho2020 at 19:00| Comment(0) | 歌舞伎町クリスマスガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

3がつ11にちをわすれない展2016

2年ぶりとなる歌舞伎町二丁目稲荷鬼王神社での「3がつ11にちをわすれない展」、神社の「鎮花祭」と同時開催で行います。
今回はコミュニティアート・ふなばしのプロデュースで、稲荷鬼王神社とも縁の深い現代アーティスト門脇篤が、震災発災後、出張先の滋賀県栗東市から地元宮城県仙台市までさまざまな手段で帰り着いたドキュメントを縦1.5m、横5の大きな絵巻物にして境内に展示します。
ぜひご高覧ください。

********

鎮花祭〜復活の祭〜
同時開催:3がつ11にちをわすれない展2016
会期:平成28年4月18日(月)〜ゴールデンウィークあけ(会期延長になりました)
会場:稲荷鬼王神社

フライヤーダウンロード
3がつ11にちをわすれない展.pdf

スクリーンショット 2016-04-12 20.30.11.png

スクリーンショット 2016-04-12 20.30.24.png


3がつ11にちをわすれないということ

 私、門脇篤は仙台在住の現代アーティストです。
 震災が起きた折には滋賀県栗東市にある芸術ホールでワークショップの最中でした。さまざまな方のご協力を得て、3月14日朝9時過ぎ、仙台の自宅にたどり着くことができました。自宅は内陸にあるため、津波の被害もなく、家族一同無事でした。
 今回、新宿・歌舞伎町二丁目にある稲荷鬼王神社さまからのご依頼により、2011年3月10日から14日までのその顛末を一枚の絵巻物にしてみました。道中につぶやいたツイッターのツイートをほぼ5年ぶりに読み直し、これをもとに当時を思い出しながら時系列で何があったかをまとめました。番号を追って読んでいただくと、滋賀から仙台までの私の足取りを追体験していただけるようになっています。
 一方、地図上にはこの5日間のみならず、震災をはさんで10年間、各地で行ってきたコミュニティアートの取り組みを盛り込みました。その多くは今回の展示をコーディネートしているコミュニティアート・ふなばしの下山浩一さんとともに積み上げてきたものであり、特に東北でのそれは、今現在も継続してつづけられているものを多く含んでいます。
 なんとかたどり着いた仙台のまちは、食料やガソリンなどの深刻な物資不足下にはありましたが、みなが通りを話しながら歩き、買い物をし、知らない人とも当然のようにあいさつを交わし、情報交換を行い、誰かに親切にしたり、ひとを気遣ったりする喜びにあふれていました。
 「震災を忘れない」というのは、我々が常に災害の危険にさらされていることを忘れてはいけないというだけでなく、我々がどれだけひとにやさしくできる存在であるかということ、どれほど絶望的な状況であろうと我々はそこに希望を見出せる存在であるということ、そうしたことを忘れないこと、大切に伝えていくということではないでしょうか。
 このような場を与えてくださった稲荷鬼王神社の大久保宮司とコミュニティアート・ふなばし下山浩一理事長に感謝するとともに、これからも「あの日」を体験したものとして、そのことを伝えていく気持ちを新たにしたしだいです。
posted by kabukicho2020 at 20:38| Comment(0) | 仮設住宅からの手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

3がつ11日をわすれない展2014「仮設住宅からの手紙」

スクリーン表.jpg

歌舞伎町2020
3がつ11日をわすれない展2014
「仮設住宅からの手紙」

仙台の仮設住宅で行われているコミュニティ再生の取り組み
「おしるこカフェ」に集う人々の力強い姿を写真とメッセージでご紹介します。

日 時: 平成26年3月5日(水)〜15日(土)早朝から夜の閉門(20時ごろ)まで。
     ※当初16日までとお伝えしていましたが、15日までと変更になりました。
会 場: 稲荷鬼王神社(歌舞伎町2丁目17-5)
アクセス: 東京メトロ・東新宿駅下車徒歩3分
主 催: 特定非営利活動法人コミュニティアート・ふなばし、一般社団法人まちとアート研究所
協 力: 稲荷鬼王神社、あすと長町仮設住宅自治会、一般財団法人アート・インクルージョン
お問合せ:090-9101-1974 shimoyama01@gmail.com
※本企画は、「39アートの日」に参加しています。http://www.39art.com/


2011年3月11日の東日本大震災から3年。
宮城県各地のほか福島県など被災地域から幅広く入居する仙台市最大の仮設住宅「あすと長町応急仮設住宅」では、アートの力によってコミュニティの再生を支援するさまざまな取り組みが行われています。
千葉のアートNPOコミュニティアート・ふなばしにより、2012年1月から始まった「おしるこカフェ」は、地元のアーティストやNPO、農業者らとの協働により、毎月1回、「食とアートとコミュニケーション」をテーマに開催されている支援プログラムです。「我が家の茶の間」のような雰囲気の中で繰り広げられる「カフェ」は、支援する者/される者といった構図を超え、そこに集う人々にとってなくてはならない場になっています。
本企画では、「おしるこカフェ」に集う人々の力強い姿を写真とメッセージでご紹介します。そこから浮かび上がる「震災で失われなかったもの」、この震災から我々が学んだ「決して忘れてはならないこと」を、ぜひご覧ください。

稲荷鬼王神社
かつて歌舞伎町や新大久保一帯が大久保村と呼ばれていた天保2年(1831年)、村の氏神であった稲荷神と、熊野から勧請されていた鬼王権現を合祀し、稲荷鬼王神社に。熊野の鬼王権現は現存していないため、「鬼王」の名を持つ日本唯一の神社である。また大祭で担がれる宮御輿は、鬼面が彫られた珍しいものである。
祭神は、稲荷神の宇迦之御魂神、鬼王権現の月夜見命・大物主命・天手力男命。境内の三島神社に祀られている恵比寿神は新宿山ノ手七福神の一つである。
歌舞伎町という地にありながらも閑静なその一画は、江戸の風情と文化を今に伝えている。

特定非営利活動法人
コミュニティアート・ふなばし
1997年から千葉県船橋市をはじめ日本各地で活動するアートNPO。
コミュニティにおける課題を発見し、美術・演劇・ダンス・映像などさまざまなアートにより創造的な解決を目指す「コミュニティアート」の企画・運営を展開している。震災後はいち早く被災地に入り、現在も継続的な支援を行っている。
歌舞伎町では2010年より10年後の歌舞伎町を地域コミュニティとともに模索していく「歌舞伎町2020」に取り組んでいる。

門脇 篤
1969年、仙台市生まれ。「まちとアート」をテーマに各地でコミュニティアート型の取り組みを展開している。震災体験や若者の思いを伝えるラップやラジオ番組、新聞などの制作、市民自らつくりあげる夏フェスやアニメイベントの制作、障がいのある人たちとのプロジェクトなどを行っている。

スクリーン裏.jpg
posted by kabukicho2020 at 23:51| Comment(0) | 仮設住宅からの手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

新宿プレイマップ本間編集長来社


image-20131021133542.png
「タウン誌」という言葉もない1969年、その後伝説のタウン誌と呼ばれることになる「新宿プレイマップ」を現代に蘇らせたらどうなるか、をコンセプトに10/15から新宿歌舞伎町二丁目稲荷鬼王神社で開催してきた「新宿プレイマップ2013展」。最終日になんと当日の「新宿プレイマップ」編集長本間健彦氏その人が訪れました!
プレイマップについては氏が今年出版された「新宿1960年代アナザーストーリー」を読んでいただくとして、その後の本間編集長はやはり「街から」なる「タウン誌」を発行され、なんとつい先日20周年を迎えられたそうです。
鬼王神社はじめホテル白川郷など我々がコミュニティアートプロジェクト「歌舞伎町2020」のフィールドとして「発見」した場所そして人をご紹介しながら、結局四時間以上にわたってさまざまな意見交換させていただきました。
本間さんいわく、プレイマップから変わらずに追い続けているのが「自分たちのジャーナリズムをつくりたい」ということ。まちでアートをする我々との姿勢と非常に類似点が多く、しかもそれを40年以上に渡って淡々とつづけらてているということに感動を禁じ得ませんでした。
「街から」は当初北区を拠点にしていたものの、現在は特定のまちを想定しない「タウン誌」の可能性に挑んでいるあたりには、我々の進む先を照らす光を見るようです。
歌舞伎町でのコミュニティアートプロジェクト「歌舞伎町2020」、ますます面白くなってきました!

image-20131021135457.png

image-20131021135513.png

image-20131021135813.png

image-20131021135535.png

image-20131021135549.png
posted by kabukicho2020 at 23:53| Comment(0) | プレイマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

本間さん来社と提灯の灯り

image-20131018190044.png
何と昨日、伝説のタウン誌「新宿プレイマップ」編集長の本間健彦氏が歌舞伎町二丁目の稲荷鬼王神社まで来て下さったとの連絡が入りました!
本間さんは現在「街から」という、やはりタウン誌でありながらその枠をはみ出すような雑誌を20年続けていらっしゃいます。週末にもまた来てくださるとのお話もいただいています。伝説のタウン誌編集長のお話を一緒に聞いてみたいという方はご一報下さい。

さて、明日から始まる稲荷鬼王神社「えびす祭り」。境内には提灯が灯り始め、華やいだ雰囲気です。
ぜひ歌舞伎町二丁目にお越しください。
posted by kabukicho2020 at 19:13| Comment(0) | プレイマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

台風にも微動だにせず


image-20131016172711.png
昨日から始まった新宿歌舞伎町二丁目稲荷鬼王神社での「新宿プレイマップ2013展」。
10年に一度の巨大台風襲来にもかかわらず、展示は無事でした。ライトアップが始まっています。ぜひお越しください。
posted by kabukicho2020 at 17:30| Comment(0) | プレイマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

新宿プレイマップ2013始まりました


image-20131015102712.png
今日から20日(日)まで、新宿区歌舞伎町二丁目にある稲荷鬼王神社境内で「新宿プレイマップ2013展」が始まりました!
19日・20日は古くから行われている「えびす祭り」と「べったら市」開催。
伝説のタウン誌を切り口に、現代に照射される人の営み、ホストやキャバクラ、外国人や犯罪のまちと言われる歌舞伎町に息づくコミュニティと文化をぜひご堪能ください。
posted by kabukicho2020 at 10:36| Comment(0) | プレイマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

制作中


image-20131011150615.png
境内に鬼王と富士、そして宝船が姿を現しました。
posted by kabukicho2020 at 15:07| Comment(0) | プレイマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3年ごしの展示企画


image-20131011092609.png
1969年に創刊され72年まで36冊を刊行したタウン誌「新宿プレイマップ」。新宿は歌舞伎町二丁目にある稲荷鬼王神社の大久保宮司から「これを使った展示をしたい」との依頼を受けて3年。震災があったり、間に30年前のこれもタウン誌「たあみなる」の展示をしたり、これも歌舞伎町二丁目にあるホテル白川郷で仙台の仮設住宅で毎月開いている「おしるこカフェ」を開いたり、近代化とエネルギーを軸に福島と白川郷をテーマとした企画を行ったりとさまざまな紆余曲折を経て、とうとう今回の「プレイマップ」の展示へ至るわけですが、やっとどうしたらいいか見えてきたような気がします。
posted by kabukicho2020 at 09:26| Comment(0) | プレイマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新宿プレイマップ2013

プレイマップ2013フライヤー.png

歌舞伎町2020
「新宿プレイマップ2013」

会期:2013年10月15日(火)〜20日(日)早朝から夜の閉門(20時ごろ)まで。
会場:稲荷鬼王神社・境内
    歌舞伎町2丁目17-5
東京メトロ・東新宿駅下車徒歩3分

「新宿プレイマップ」は、1969年〜1972年にかけて刊行された、我が国最初のタウン誌です。「フォークゲリラ」「ジャズ喫茶」等で、盛り上がる若者文化の発信地・新宿を誌上で展開する「広場」として、熱狂的な支持を受けました。
今年、元編集長・本間健彦氏による著書『60年代新宿アナザー・ストーリー―タウン誌「新宿プレイマップ」極私的フィールド・ノート』が刊行され、再評価が高まりつつあります。
本企画は、伝説のタウン誌「新宿プレイマップ」を紹介し、さらに「新宿プレイマップ」が刊行された当時の映像や写真を、QRコード等を用いネットコンテンツと連動させた屋外インスタレーションとして展示いたします。
2013年の現在に出現したら?との発想のもと、「新宿プレイマップ」の世界をマルチメディアコンテンツとしてアップデートさせるのは、仙台在住の現代アーティスト・門脇篤。
会場は、江戸時代から新宿・大久保を祀る、新宿歌舞伎町・稲荷鬼王神社。
年に一度の「えびす祭り」に沸く、稲荷鬼王神社の境内に、「新宿プレイマップ」が出現いたします。

稲荷鬼王神社「えびす祭り」
10月19日(土)、20日(日)

歌舞伎町2020とは?
「歌舞伎町の新しいイメージ」を市民の参画によって創り上げるコミュニティアート・プロジェクト。
2010年にスタートし、シンポジウム・展覧会・まち歩きツアーなど、さまざまなプログラムを通じて、歌舞伎町に生きる人びとの過去・現在・未来の歴史/思い出/想いを可視化する。

主催:特定非営利活動法人コミュニティアート・ふなばし
協力:稲荷鬼王神社 街から舎 一般社団法人まちとアート研究所
お問い合わせ:090-9101-1974
posted by kabukicho2020 at 07:33| Comment(0) | プレイマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。